その後のミジンコ用水槽です。微生物っぽいものはいないではないのだけれど、ミジンコかどうかは自信がない。というよりやっぱりミジンコではなく、植物性プランクトンのような気がする。
水草と気泡

水草に気泡がびっしり


夜に照明当てながらじゃないと生き物っぽい奴が写らないのだ。
これは、ブクブクとエアレーションもしてる一方で水草と植物性プランクトンが吐き出した空気(酸素とは限らないのかも)がみっしりと水草に張り付いているところだと思うんだよね。近づくと振動で砂の中から泡があがってきたりするの。水草についてるだけなら水草が出した空気だと思うところだけど、底砂にあぶくがついてたりするからね。写真左上の赤いのはハイビスカス様の水中オブジェが水面に反射してるところです。下から水面を見上げているので鏡のように見えます。

右下の白っぽいものが、まあ微生物。ブクブクによって起こる水の流れでゆっくりと漂っています。ついでにいうと、水草に根っこが生えてるのも見えるかも。見えないか。えーい。もう一枚。


気泡写真の続き

ほとんどアングルかわんないか。難しいなあ

うーん、難しいな。水草の根が伸びてきたのは、こっちの方がわかりやすいかな。右下の白いっぽいのが、おそらく生き物。でも、ミジンコじゃないっぽいんだよね。あと、これ奇麗っぽくみえるけど、実際は藻が生えそうな水槽です。内側のガラスについた藻は取るかなあ。写真を撮るためにお部屋を暗くしてピンポイントで照明を当てたらこんな風になってしましました。

告白します。〈ハイペリオン〉シリーズにでてきた。ツリーシップがこんな風に見えたらイイナ! と思いました。
動画を撮ってみたけど、これがわーっと動いてみえるのは、ブクブク(エアー)のせいなのだな。

[ Javascript required to view QuickTime movie, please turn it on and refresh this page ]

というわけで、いまだミジンコマスターにはなっていません。植物の壁はなかなか手強かった(笑)。
 | Posted by | Categories: pet |
今月のファン交のお題は、「もっと知りたい海外SF」。
cataly と鳴庭真人が非英語圏と英語圏の海外SFを紹介するという二本立てのお得回。
時間通りに行くつもりが、水槽を眺めてたら遅くなった…、のが半分。どうも飯田橋で事故があったみたいで秋葉から都営線と東西線と三田線を乗り継いだりして一時間遅れで会場着。
cataly は広く世界各国のSFについての概況を、鳴庭くんは、最近読んだ洋書を中心に近頃のトレンド紹介を…という感じ。そうそう、 orkut は一時期から南米系の人がごっそり入ってきて、なんだか足が遠のいたんだったっけ(←偉そうなことを言ってるけど別に外国語が読めるわけではない)。
今日は他に予定があって参加できない! というえんじさんの為に聞いた話をまとめるつもり満々で、おニューの iPhone とかで、一応録音したりしてたんだけど。一時間以上遅くなっちゃったので断念。ぼくが着いた頃にはヨーロッパの話をしてました。ヨーロッパコンとか、ドイツの話とか。

その後、中国の話が出てきたんだけど、これはさすがに先のTOKON10で中国から来た作家やファンの話の方が詳しかった。けどけど、その場で回覧された、中国のシェアドワールドノベル誌の実物が面白かったので、ところどころ写真を紹介。体調が芳しくないのもあったけど、鳴庭くんがしゃべってる裏でバチバチ写真をとってました。

九州幻想

中国のシェアードワールド誌:「九州幻想」

手がでかいと文庫みたいに見えるけど、大きさは日本のSF雑誌と同じくらい。

しげしげと見てしまったのは、これが横書きの小説誌だったからなんだよね。中国って漢字文化だから縦書きだとばかり思ってたんだけど。他の小説誌とかも横書きなのかな。ふーん、へー。と読んで眺めていくと、なんと日本語の文章と似たような句読点があるじゃあないの。

これが句読点だ!

残念ながら中身は1行も読めません。

句点、読点の他にも、日本語だと、段落頭の一文字下げの部分が、二文字空けてあるだとか(それが会話の場合でもその前に二文字空け)、いろんなところが興味深い。当然、短編がいくつも載っているんだけど、この人は「?」の記号を使用しているでしょ、でも一方で記号を全然使用してない人もいる。ここらへんは作家のこだわりがあるのかもしれない。

目次写真

読めそうで読めない少し読める目次

今更だけど、この場合の〈九州〉は日本の九州のことでなくって、〈中つ国〉みたいな、架空世界のことらしい。ちなみに編集長でもある潘海天先生は、建築家出身の実力派作家とのこと。というのは、TOKON10で中国から来た夏笳先生に聞いた話、彼女が十代のころから憧れていた人気作家だそうですが、なんと75年生まれ! 国内作家だと小川一水と同い年。これは夏笳先生が特別若いせいもあるか。

山本弘がソードワールドマガジンとか、妖魔夜行マガジンをたちあげた。みたいな状況を想像すると的確かもしれない。

書体の違い

フォントにも差があった

←丁猫児? ネコミミモードみたいなの? と cataly を問い詰めたりしない程度の自制心。

たまに、例会に顔を出すと楽しいね。めちゃめちゃ久しぶりに湯川さんの姿をみたけど、姿を見ただけで終わったのが残念でした。
 | Posted by | Categories: fandom |
金魚のつぎはミジンコを飼うのだ!

それが我がティターンズの死命!

とばかりに、ミジンコをザクザク殖やそうを参考に旧水槽に水草などぶっこんで比較的日当たりのよい窓側に配置していて、おお、なんだか小さい生き物が動き出してきたではないか!

と思っていたら、ボウフラだった!?
ボウフラ

ミジンコ失敗

まあ、初心者はミジンコを育てるにも失敗するっちゅーことですな。

水替えるか…。
 | Posted by | Categories: pet |

新規の金魚マスター

2010年9月4日
最近、金魚を飼いだした。微妙に複雑だが、ちょっと前の頃のルームメイトがお祭りで金魚を取ってきて、以前にメダカが入っていた水槽で飼いだし、その後彼女は引っ越していったものの、金魚の引っ越しは面倒なので置いていったっつー次第。
メダカと違って、エサをくれる人間を認識している感じなのが大変可愛らしい。で、メダカの水槽じゃちょっと狭いかしら。と、大きめの水槽を買って来たの、使用済だけれど、フィルターとかはもうあるから、水槽だけ買ったのね。

エーハイムグラス水槽 EJ-60

(同じ商品はなかったけど、大きさや価格帯は一緒)
いままでの三倍か四倍の容量があって金魚たちも大喜び(だといいね)。でも、そしたら水槽に蓋がついてなかったの。ホームセンターで入れ忘れたとかじゃなくって、もともとついてなかったのね。こうなったら自作よ! DIY精神よ! と思ったんだけど、プラスチックの板なんかどこにあるの? そして加工できるのかしら? と思ったところにネットでぐぐったら、アクリルその他をユーザーの希望するとおりにカットしてくれるお店屋さんがあったでないの。

アクリルショップ はざいや

で、この見積もりフォームに縦横の大きさとかを入れて送信して、通信欄に、水槽を買ったら蓋がなかったので、製作したいのです。と書いて送ったのでした。

ふた図面ふた図面

そしたら、次の日電話がかかってきてね。水槽の蓋みたいなところに使うのであればアクリルだと湿気で反りがでてくる可能性があるから塩ビにしてはどうかでしょうか。なんてことを言うのだ。へー、なるほどそりゃあ塩ビの方がいいですなあ。と思って言われるがままに塩ビ素材にしてもらって。注文確定して今日引き取ってきたよ。

そうそう、お店が葛飾区にあったので、800円くらい送料がかかかるんなら車で取りにいきたい。って言ったら、どうぞ、駐車場もありますよ。っていうから直接行ってきたのでした。ECショップなんて年に何度も利用しないけどいい取引ができました。っつー感じでした。

これでその金魚とか水槽の写真が載ってないのはにゃんとも片手落ちだと思うのだけれども、デジカメの液晶が壊れてしまって、まともな写真が撮れないのでした。うーん。すぐはいらないものではあるんだけどな。

[ Javascript required to view QuickTime movie, please turn it on and refresh this page ]

とか言って一週間しないうちに機種変したったので動画です。カワイイ!

aquarium

金魚もどこかにいますよ

テトラ ラウンド グラスアクアリウム 観賞魚飼育セット RG-20GFテトラ ラウンド グラスアクアリウム 観賞魚飼育セット RG-20GF

 | Posted by | Categories: pet |